やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

フラワーCのプチ考察

なんだか全然ピンとこない馬ばっかりですね~。

どうせいつも通り、イマイチよくわからん馬が勝つんでしょうけども、それにしてもシンボリクリスエス牝馬とかネオユニヴァース牝馬とか、興味すらわかない馬が結構多いです。

配合で気に入った馬は1頭だけ。


・カラフルブラッサム(A)
ハーツクライの研究を色々と進めた結果を踏まえ、以前よりは評価をアップしました。

米血大好きハーツクライですが、特にストームバードとはかなり相性が良いです。
なので母父サンダーガルチは合格点でしょう。

ただ、ハーツクライはパワータイプの血統の方が成績が伸びる傾向があるため、米血でもスピードに特徴があるミスプロ系ってのは、あまり褒められるものではありません。
サンダーガルチ自身は結構ダートも得意としていますし、ミスプロ系の中では良い方だとは思うんですけどね。

個人的な好みではAくらいですが、重賞を勝つパターンにはちゃんと当てはまってます。
他は配合がピンとこないし、本命はこの馬かな~。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.