桜花賞の全馬プチ考察(終)

4回にわけて、桜花賞の出走馬の配合を考察しています。
今回で最終回となります。

ちなみに僕が見てるのは配合のクオリティーだけです。
桜花賞向きの適正とかはサッパリわかりませんので、あしからずご了承ください。
m(_ _)m


・ナンシーシャイン(B)
父ブラックタキシードの活躍馬をみてみると、ストームバード≒ノーザンテーストか、ストームバード≒ニジンスキーを持っていることが非常に多いですね。
そこがブラックタキシードのツボなのだとしたら、ナンシーシャインはノーザンダンサーすら持っていませんので、あまり評価したい配合ではないかな~(^_^;)


・ジーニマジック(B+)
配合全体が底力たっぷりの構成で、しかもヘイロー≒サーアイヴァーでスピード強化ですから、クオリティーは高いと思います。
ただ、ダイワメジャーならばもう1本「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈がどこかにあっても良かった気がします。
それとダイワメジャーの配合の核であるノーサードチャンス≒ビューマックスにも全く触れていません。

全体のバランスは文句なしなんですけど、ダイワメジャーの配合としてはあと一押しが欲しかったです。


・コレクターアイテム(A)
相性の良い米血の中でも特にパワー血脈との組み合わせで結果を出しているハーツクライにとって、相性の良いストームバードを、「ストームキャット経由ではなく」母父に据えたことが非常に高ポイント。
ただしその他の構成的に見たら、ミスプロだったりヘイロー≒ムーンスケイプだったりと軽い血脈が目立ちますし、ハーツクライ(のビューパーダンス)との絡みもあまり強くはないため、まあA評価くらいが妥当かな。


・メイショウマンボ(A)
スプリングマンボ×グラスワンダー×ジェイドロバリーという相似三すくみがパワー過ぎるだろ~と思い、全然評価してませんでした。
しかし、どうやらスズカマンボはこういう配合の方が正しい答えのようです(^_^;)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-876.html

これは僕の見解が間違ってましたということで、C評価をした馬を一転A評価にするという前代未聞のことをします(-_-;)
これブログの読者が多かったら炎上してるよね(笑)

配合の緻密さ的にはA+でも良いと思ったんですけど、僕ホントにジェイドロバリーが嫌いなのでAにします(笑)



さて、これで全頭終わりました。

僕好みの配合をしていたのは

・A+評価
ストークアンドレイ、ローブティサージュ、クロフネサプライズ

・A評価
クラウンロゼ、サウンドリアーナ、レッドオーヴァル、コレクターアイテム、メイショウマンボ


出来ればA+評価の3頭のどれかが勝ってくれれば嬉しいですね(^^)
スポンサーサイト

Comment

Secre

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

カテゴリ

最新コメント

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.アプルーヴァル
 8.ヴェルテアシャフト
 9.ミッキーワイルド
10.オールフォーラヴ

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.タガノエルフ
 9.デンセツノマジョ
10.

リンク