やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Entries

俺の同人誌オワッタ・・・

今度、ディープインパクトの配合について同人誌を出すことになっているのですが、ちょうど昨日、バリアシオンさんがくださったコメントに対して、「こういうのって、得てして本を出した途端に成功パターン以外の活躍馬が出たりするんですよ(^_^;)」


・・・って書いたら、発売を待たずしてもう成功パターン以外の馬が桜花賞を勝ってしまった・・・(笑)


最悪の船出じゃないの・・・( ;∀;)


まず桜花賞2着のレッドオーヴァル。
レース前の配合考察をブログで書いた時の文章がコチラ。

僕個人の好みだと、ディープはパワーの補強が最重要項目だと思ってるので、そこが薄いこの馬はB+でいいハズなんですよ。
ただ、ディープ×ヴェイグリーノーブルというのはホント相性の良いニックスで、沢山の活躍馬を出しています。
僕の配合論がどこまで正しいのかと考えた場合、所詮僕は素人ですから、そんなに自信を持ってB+です!と宣言する度胸は無いっす(笑)

なので一応A評価という採点にしておきましたが、僕はそんなに好きな配合じゃないです。



これに関しては好みではないと言ったものの、要注意血統だと思っていました。
なのでディープインパクト本でもちゃんと扱っています。
まあ成功パターンがわからなかったので深い考察はできませんでしたが、一応、同人誌の方ではちゃんとヴェイグリーノーブルを持つ2歳馬も全頭載せてあるので、そこがせめてもの救いです(^_^;)


だが問題はアユサンのほうだよ!

同人誌で全く触れてねーし!!(笑)


ディープインパクト凄いですね~。
そして僕の配合論ヘボいですね~。


時が進んで新たな配合論が見つかった時、しっかりとアフターフォローするためにブログがあるわけですが、まさかのビフォアフォローをしなくてはならないとは(笑)


まあそういうわけで、これからアユサンに対するゴメンナサイ記事を書こうと思います。
また2時間後くらいに会いましょう(-_-;)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.