≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

アユサンの配合で一番のポイントは

・ノーザンダンサー
・サーゲイロード≒セクレタリアト
・ローマン≒チョップチョップ
・アッティカ≒ファーストローズ

つまりアルザオ≒ストームキャットなのです。

アルザオ≒ストームキャット

これにより素軽いスピードを強化することが出来ているというワケですね。
しかもストームキャットという血は、ニアリークロスを使って増幅させると大きな効果を発揮する血でもあるのです。

ディープインパクト×ストームキャットは3世代目になっていきなり大爆発し、アユサン、キズナ、インパラトールを輩出しています。
来期も注目の組み合わせと言えそうですよ(^^)





・・・と、ここまでが一般向けの考察です。
ここからは僕の個人的な推測なんで正しい見解かはわかりません(-_-;)

まず桜花賞の前に、僕がアユサンについて書いた内容を載せておきます。

アルザオ≒ストームキャットがもたらすスピード面に関しては、高く評価しています。
ただし個人的にはディープはパワーの補強が一番だと思っていますので、その点でアユサンは少し物足りないな~と感じるんですよね。



とまあこんな感じで大恥を書きました(笑)

アユサンはおろか、レッドオーヴァルもあまり褒めなかった僕の考察なんて全然アテにならないのはわかってるんですけど、それでもやっぱりディープにはパワーの補強だと思うワケです。

そこでアユサンにもきっと何かのポイントがあるのではないかと探ってみました。

そこでふと気づいたのがクリムゾンセイントが持つマタハリ≒エイトサーティ3×3の存在。

マタハリ≒エイトサーティ

このパワーが上手く作用しているのかも?・・・と思ったり。

ただそうは言っても、ストームキャットはこのパワーよりもスピード要素の方が強く、やっぱりパワー面で十分とは到底思えません。

ただここでアユサンがさり気なくウォーレリックを併せ持っているのが、もしかしたら非常に重要なポイントなのかもしれません。

このウォーレリックは上記のマタハリ≒エイトサーティに対して、「マンノウォー、ヘイスティングス、ロックサンド、フェアリーゴールド、コマンド」が共通しますので、要するにマタハリ≒エイトサーティ≒ウォーレリックという強力な増幅になっているんですよね。

マタハリ≒ウォーレリック


これこそがディープ×ストームキャットのコツなんじゃないか説を唱えてみようかなと。

このクロスを重要視するのにはもう1つ理由があって、それはディープインパクトと相性の良いインリアリティがウォーレリック3×3を持っていたということなんですよ。

つまりインリアリティと、クリムゾンセイント+ウォーレリックは方向性としては一緒だと思うワケです。


それを踏まえて、同じくストームキャット持ちのキズナをみてみると、こちらもウォーレリックの全姉スピードボートを持ってます。
まあキズナの場合はダマスカスの影響が高いと見ていますが、こっちのクリムゾンセイント+スピードボートの効果もあったのかもしれませんね。


以上、どうしてもディープ+パワー重要説を推していきたい僕の悪あがきでした(笑)
参考にするかどうかはくれぐれも自己責任でお願いいたします。
m(_ _;)m
スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.