≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

デニムアンドルビーとロジプリンセスは、僕が書いた同人誌の成功パターンに合致している馬です。
デニムアンドルビーの方は身内POGで指名されているんで、あまり頑張ってほしくないんですけど、配合としては一番好きですよ。


んで、難しいのがエバーブロッサム。
同人誌的には成功パターンではありません。
ディープ×ダンジグがどうかってのが迷うんですよね。
ジェンティルドンナ&ドナウブルーも持つ血ではあるんですけど、全体の成績的にはそこまで優秀ではないので、今のところダンジグの評価は保留にしています。
ただし、「ダンジグ」なのか「デインヒル(父ダンジグ)」なのかで、産駒に与える資質は全く違いますからね~(^_^;)
ディープ×ダンジグはダメでも、ディープ×デインヒルならOKってこともありそうです。
でもデインヒルってあんまり日本向きじゃないんで、そこをディープが上手く取り込めているかも気になります。

もう1頭のディープ産駒のラキシス。
流行りのディープ×ストームキャットですが、この馬は更にファピアノを合わせてますから、ちょっと軽すぎるんじゃねーかな~と思ったりします。
これで結果が出るようならば、ディープ×ストームキャットの破壊力を認めなきゃいけませんかね(^_^;)


他の有力どころでは、スイートサルサは好きな配合です。
デュランダルの配合がイマイチよくわかってないので、細かい評価は出来ないんですけど、サンデー×ノーザンテーストに「ナスルーラ×プリンスキロ」複数持ってくる王道パターンです。


イリュミナンスも配合そのものは好きです。
ただし、これまでマンカフェから誕生したPOG期間内重賞馬って、必ず素軽いスピードを補強しているんですよね。
ミスプロ、カーリアン、ブラッシンググルーム、ストームキャット持ちの以外の馬が3歳春までに重賞を勝ったことはありません。
なので「配合パズル」的に言えばナシの馬です。


あとはテンシンランマンですかね。
ハーツクライはパワータイプの米血が合うのですが、この馬はナスルーラ3×4のサクラユタカオーを始め、結構ナスルーラ的なスピードが強いので、あんまり好きな配合じゃないな~って感じです。

スポンサーサイト


私はニアリークロスが今一理解できず、小面倒くさくて覚える気もないので、クロス理論に頼らない走る馬の見つけ方を、編み出しました。
それが、格馬の出身牝系をたどり、有名な種牡馬が身内にいるかです。
この理論に当てはまる馬こそ、ヌレイエフやサドラーズウェルズを擁する、名門ラフショッド系出のエバーブロッサムです。
これは、道悪等の過酷なレース程、当てはまる傾向が強く表れます。
仮にエバーブロッサムの屋根が、外人騎手に変われば、本番はもっと伸びるかもしれません。
なるほど~。
たしかにこの馬は牝系が素晴らしいですもんね。
普段、なんとな~く良血とかそうでないとかは考えたりしますけど、こういう見方はしたことがなかったので参考になりました(^^)
僕みたいな短絡的に血統を組み合わせるやり方だと、どうしても視野が狭くなってしまいますから、Y子さんのような考え方を教えてもらえるのは新鮮で楽しいですね~(*^_^*)
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.