09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

ふにゃふにゃのステイゴールドは全くダメ(牡馬編)

今回の考察記事は、もう少し今後の状況を見守ってから配合論に取り入れたかったので、同人誌『配合パズルでアタリはわかる』には収録されていません。

ですが、せっかくブログをやっていることですし、研究中ではありますが公開することにしました。

と言っても、実は去年の暮れあたりに一度記事にしているんですけどね(^_^;)
まあでもPOGの新シーズンが始まることですし、最新バージョンに書き換えた「デジタルリマスター版」としてまとめました。



ステイゴールドと「ナスルーラ×プリンスキロ」の関係を掘り下げてみます。
今回は牡馬編。

ダイワメジャー、デュランダル、アドマイヤマックス、オレハマッテルゼ産駒なんかがそうなんですが、サンデー×ノーザンテーストの種牡馬は「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈と相性が良いです。
これはノーザンテーストのパワーと「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈の柔らかさが絶妙にフィットするためで、剛と柔のバランスをとることで好配合が成立しているのでしょう。

しかしステイゴールドの場合、兎にも角にもノーザンテーストの頑丈さを増幅することが活躍馬の道なんですよね。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-891.html


てことは、そこに「ナスルーラ×プリンスキロ」を使ってバランスを取っちゃったら、かえって逆効果なんじゃないか説を僕は唱えています。


ということで、調べてみましたよ(^^)。
ミルリーフやサーゲイロードのように、「4代目以内にナスルーラ、もしくはロイヤルチャージャーと、プリンスキロを同時に併せ持つ血脈」を「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈と総称して定義しました。

まずはこの血を母方に何本持っているかによって、ステゴ産駒を分けることに。


・母方に「ナスルーラ×プリンスキロ」なし
・母方に「ナスルーラ×プリンスキロ」1本
・母方に「ナスルーラ×プリンスキロ」2本以上


そして2~3歳春までの芝連対率と、一走あたり賞金の成績を見てみると・・・

牡馬 頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
「ナスルーラ×プリンスキロ」
なし
114 18.7% 13.8% 279万円
「ナスルーラ×プリンスキロ」
1本
116 19.3% 7.6% 135万円
「ナスルーラ×プリンスキロ」
複数
65 15.3% 6.1% 98万円


「ナスルーラ×プリンスキロ」なしの重賞馬は、ドリームジャーニー&オルフェーヴル、ゴールドシップ、ナカヤマフェスタ、フェノーメノ、シルクメビウス。
G1馬4頭は全てここに該当していますね(^^)
しかもダート馬シルクメビウス以外は全てPOG期間の重賞馬という安定感。


一方「ナスルーラ×プリンスキロ」1本の方では、POG期間に重賞を勝ったのはナカヤマナイトとフェイトフルウォーだけ。
期間後にサンライズマックス、エクスペディションが出ています。
連対率こそ検討していますが、1走あたり賞金が示すように大物感は薄れてきます。

しかも興味深いのは、フェイトフルウォーとナカヤマナイトが持っている「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈。
前者は「Crooning Water」、後者は「ツバキヒメ」なのですが、この血って4代目以内にかろうじてナスルーラとプリンスキロを併せ持ってるというだけで、ミルリーフやサーゲイロードのようにコテコテの柔らかい「ナスルーラ×プリンスキロ」っぽさは感じません。
一応ルール上該当しているから認定するか~っていうような、いわば「なんちゃってナスルーラ×プリンスキロ」みたいなものなんですよね(^_^;)

そこら辺もステイゴールドっぽいな~と思ったり(笑)


最後に「ナスルーラ×プリンスキロ」複数持ちですが、これはもう明らかに成績が悪いです。
重賞馬もオーシャンブルーのみ。

ステイゴールド自身は「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈を持っているわけではありません。
ですから母方に1本持っているだけでは、まだ影響力は少ない方でしょう。
でも母方に複数持っていたら、さすがに柔らかい資質を伝えやすいのは間違いないですよね(^_^;)


やっぱりステイゴールドと柔らかさは相性悪いのかなと思わずにはいられません。





誠に恥ずかしながら、ディープインパクトとステイゴールドについての考察をまとめた同人誌を出版させていただきました!(*ノω・*)

色々な配合を取り上げて解説しています。

成功パターンに該当する2歳馬名も全馬掲載してありますので、今回の記事を読んで少しでも興味を持っていただけたのであれば、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-888.html

※お詫び
ただいま需要に対して供給が追いついていないという状況で、みなさまにご迷惑をお掛けしています。
申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。
詳しくは以下のエントリーをご覧になってください。

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-934.html
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/24 | [] | Edit

Re: No Title

本、届いているようで何よりです(^^)
早く注文してくれたかた全てにちゃんと届いてくれると安心なのですが・・・。

ご質問にあった馬ですが、仰っているとおり良いと思います。
サンデー+「ボールドルーラー×プリンスキロ」の安定配合で、更にトライマイベスト≒ニジンスキーですから、ラストタイクーンもしっかりと刺激していますしね。
個人的な好みで言えば100点です。

2013/04/24 | くりがしら[URL] | Edit