やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レッドクライム
 2.クライムメジャー
 3.ヴァナヘイム
 4.アドミラブル
 5.クリアザトラック
 6.メイズオブオナー
 7.ハナレイムーン
 8.ボムクレイジ
 9.グラニーズチップス
10.ロードアルバータ

<マイナーグループ>
 1.モンドキャンノ
 2.スピリットオブラヴ
 3.インヴィクタ
 4.ペルシアンナイト
 5.ラボーナ

<地獄グループ>
 1.ジューヌエコール
 2.ハッシュタグ
 3.サンライズノヴァ
 4.カウントオンイット
 5.ウノピアットブリオ

ニアリークロスが劇的な効果をもたらすディープ×ストームキャット 2013-04-28-Sun

ディープインパクトにストームキャットを合わせると「ノーザンダンサー、サーゲイロード≒セクレタリアト、ローマン≒チョップチョップ、アッティカ≒ファーストローズ」などのクロスが生じます。

つまりアルザオ≒ストームキャットというワケ。
主にサーゲイロード≒セクレタリアトを軸として、両者の素軽いスピードを引き出す効果が期待できる組み合わせです。

アルザオ≒ストームキャット

ストームキャットという血はとても素晴らしい特徴があって、ニアリークロスを使って自身を増幅させると、絶大なプラス効果を発揮するんですよね。

具体例

・スペシャルウィーク(≒マルゼンスキー)
オースミダイドウ、タガノエリザベート、ファイアーフロート

・タイキシャトル(≒カーリアン)
メイショウボーラー、レッドスパーダ

・キングカメハメハ(≒ラストタイクーン)
ロードカナロア

・ダイワメジャー(≒スカーレットブーケ)
カレンブラックヒル


アルザオとのニアリークロスを持つディープインパクトも例に漏れず、キズナ、アユサン、ヒラボクディープ、インパラトールを輩出しています。
3世代目になって突如大ブレイクしたこともあり、何でこのタイミングで…と思わずにはいられませんが(^o^;)


ディープとの組み合わせで、これは意外と重要なんじゃないかと思うのが、ストームキャットの祖母であるクリムゾンセイント。
この血はマタハリ≒エイトサーティ3×3というニアリークロスが特徴的で、アメリカのパワースピードが豊富なのです。

マタハリ≒エイトサーティ

ディープインパクトは推進力を与えるようなパワー血脈に飢えていますから、クリムゾンセイントの資質は貴重な存在と言えるのかもしれません。


・2~3歳春までのデータ


頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
ディープインパクト全体 410 31.3% 22.8% 345万円
ストームキャット 22 34.4% 18.2% 697万円
※2013.8.6・・・最新のデータに書き換えました。


ブレイクするだけの理由がある配合ですから、来年以降はちゃんと狙っていきましょう(笑)




誠に恥ずかしながら、ディープインパクトとステイゴールドについての考察をまとめた同人誌を出版させていただきました!(*ノω・*)

色々な配合を取り上げて解説しています。

成功パターンに該当する2歳馬名も全馬掲載してありますので、今回の記事を読んで少しでも興味を持っていただけたのであれば、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-888.html

スポンサーサイト

CATEGORY重要なまとめ Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« ディープの成功パターン(ストームキャット編) | ホーム | ストームキャット凄いねえ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |