≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

ゼンノロブロイは「ヘイルトゥリーズン×インピッシュ」を増幅しつつも、ゼンノロブロイが持たない性質の血脈…即ち「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈を補うことコツです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-917.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-918.html
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-919.html


ということで好相性血脈として取り上げた、ミルリーフ、リヴァーマン、ミッターランド持ちから上手く良い馬を選んでいきたいところ。

ここで重要なのが、「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈を他にもう1本足すということです。

ゼンノロブロイ自身が「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈を持っているわけではないですからね。
「ナスルーラ×プリンスキロ」柔さを強調するであれば、母方で複数持たせることで、資質を色濃く伝えることが出来るハズ。

ちなみに、ナスキロの重要性については、望田潤大先生の電子書籍『望田潤のPOG好配合馬リスト(2013) 』でもちゃんと語っておられるので、僕の考えも間違ってはいないと思います(笑)
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/5bc36d4fcf737a90937c444ee11d4452


とりあえず配合パズル的にまとめると

・リヴァーマン+「ナスルーラ×プリンスキロ」1本
トレイルブレイザー、ルルーシュ、イチオクノホシ

・ミルリーフ+「ナスルーラ×プリンスキロ」1本
サンテミリオン、コスモネモシン

・ミッターランド+「ナスルーラ×プリンスキロ」1本
アニメイトバイオ


この3点で攻めようかなと思います。


・2~3歳春までのデータ
頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
ゼンノロブロイ全体 321 14.9% 16.4% 143万円
リヴァーマン
+ナスルーラ×プリンスキロ
26 21.4% 26.5% 207万円
ミルリーフ
+ナスルーラ×プリンスキロ
19 25.5% 12.5% 475万円
ミッターランド
+ナスルーラ×プリンスキロ
6 30.8% 8.3% 380万円




『リヴァーマン×「ナスルーラ×プリンスキロ」』・・・に該当する2歳馬一覧
母名
ジェイケイクリーク
タイキロザリオ
ダンスーズデトワール
テキスタイル
トップモーション
ニシノビギン
バアゼルノジュール
ハレクラニ
レーヴドスカー
レディイン



『ミルリーフ×「ナスルーラ×プリンスキロ」』・・・に該当する2歳馬一覧
母名
アクイレジア
アグネスチーアフル
ショウダウン
ターフフラッパー
ディナーパーティ
トーホウハート
ニシノビギン
ハピネスフォーユー
バラファミー
プラウドビューティー
プリマートビコー
ロゼカラー



『ミッターランド×「ナスルーラ×プリンスキロ」』・・・に該当する2歳馬一覧
母名
オートキュイジーヌ
ゴットザビート
スルーレート
フォルテピアノ
ペプチドマドンナ
レーゲンボーゲン





誠に恥ずかしながら、ディープインパクトとステイゴールドについての考察をまとめた同人誌を出版させていただきました!(*ノω・*)

色々な配合を取り上げて解説しています。

成功パターンに該当する2歳馬名も全馬掲載してありますので、今回の記事を読んで少しでも興味を持っていただけたのであれば、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-888.html

※お詫び
ただいま需要に対して供給が追いついていない状況で、みなさまにご迷惑をお掛けしています。
申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。
詳しくは以下のエントリーをご覧になってください。

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-951.html

スポンサーサイト


このコメントは管理人のみ閲覧できます
どうもです(^^)
おっしゃるとおり成功パターンですね~。
特に欠点らしきものも見つかりませんし、個人的にはかなり好きなタイプです(^^)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はじめまして(^^)
ではでは遠慮無くコメントさせてもらいます。

ゼンノロブロイは僕もまだ手探りな状態なので、本年度の考察はあくまで成功しているパターンだけに厳選してピックアップしました。
しかし、それ以外にも同じ理論で相性の良い血はあるはずです。

僕がポイントとしているのは、「ヘイルトゥリーズン×インピッシュ」を増幅出来る、「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈です。
今回はミルリーフ、リヴァーマン、ミッターランドを挙げましたが、同じ理屈で言えば「ヘイルトゥリーズン×プリンスキロ」で構成されたカーリアンも、相性が良かったとしてもおかしくはありません。
ゼンノロブロイ×カーリアンはここまで目立った活躍馬を輩出していないため、今回は取り上げませんでしたが、2歳馬でもビワハイジの子には当然注目しています。
そしてもちろんタンタスエルテの1歳も可能性は十分あると思っています。

さらに付け加えますと、リヴァーマン、ミルリーフが相性が良いのは、「ヘイルトゥリーズン×インピッシュ」を「ネヴァーベンド」が増幅しているためだと思っています。
その点で考えると、ネヴァーベンドと同母の兄弟であるボールドリーズンも面白いですよね。
この血は「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈ではないので、構成では触れていませんが間違いなくプラスになっているハズです。
すでにゼンノロブロイ×サドラーズウェルズ(ボールドリーズン持ち)は、コスモネモシン、ラブフール、ノーステアがいます。

なので僕はゼンノロブロイ×タンタスエルテはかなり好きな配合です。
POGでパララサルーを指名していた者としては、来期の要チェック候補にするしかありませんね~(^^)

次にゴールデンドックエーですが、確かに母の血統はあまり馴染みがないですね。
なので僕も推測になってしまうのですが・・・ディープ×ヌレイエフは相性が良いですし、母方は「ハイペリオン×サンインロー」血脈が豊富で、嫌いな配合ではありません。
ただ、ディープに必要なパワースピードという点では、ちょっと薄いかな~と感じなくもないです。
フォルリの持つフェアトライアル的なスピードだけで支えている感じなので、そこらへんが効率よく伝わっているかどうかがカギかもしれませんね。
そうするとサミットヴィルの2012 の配合も良いですね。ロブロイはPOG的には牝馬と思ってました。
そうですね。
特の不満点もなく、僕の好きな配合です(^^)
確かに牡馬より牝馬の方が活躍している印象がありますし、結構良さ気じゃないですかね。
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.