≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

ネオユニヴァースは「ダンジグ」と相性が良好です。

ダンジグは類まれなるスピードを秘めた馬でしたが、フェアトライアルの影響を受けてか、回転の速い推進力を特徴としています。
ネオユニヴァースもフェアトライアル7×5のスピードが持ち味ですから、そこにダンジグを加えるというのは、自身の長所を大きく伸ばす効果が期待出来ます。


また、ダンジグは同時にハイペリオンを併せ持ちます。
これも非常に重要な点でしょう。

ネオユニヴァースが持つシルクンウェイに対し、ダンジグは「ハイペリオン×フェアトライアル×ネアルコ」の組み合わせのクロスとなることで、しっかりと増幅してくれています。

シルクンウェイ×ダンジグ

シルクンウェイはネオユニヴァースにとって配合の核になっている血ですから、これは見逃せないポイントですね。


・2~3歳春までのデータ
頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
ネオユニヴァース全体 634 15.7% 17.1% 143万円
ダンジグ 73 22.6% 22.0% 277万円

ロジユニヴァース、オールアズワン、ヘミングウェイ、ガンジスなどの活躍馬を輩出しています。
成績も非常に優秀ですし、積極的に狙いたい組み合わせです。





誠に恥ずかしながら、ディープインパクトとステイゴールドについての考察をまとめた同人誌を出版させていただきました!(*ノω・*)

色々な配合を取り上げて解説しています。

成功パターンに該当する2歳馬名も全馬掲載してありますので、今回の記事を読んで少しでも興味を持っていただけたのであれば、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-888.html

※お詫び
ただいま需要に対して供給が追いついていない状況で、みなさまにご迷惑をお掛けしています。
申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。
詳しくは以下のエントリーをご覧になってください。

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-951.html

スポンサーサイト


このコメントは管理人のみ閲覧できます
そうですね~。
マイナスかどうかはわかりませんが、現状の傾向で見ればプラスになっているとは言えません。
なので、他に良さ気な補強が欲しいところですが、この馬はイマイチ褒める部分が見当たらないです…
(^_^;)
来年になったら傾向が変わってる可能性も当然ありますが、今のところの判断では「可もなく不可もなく」っていう感じですかね~。

ラルゴくんはもういい加減決めてくれないと、応援疲れしちゃいますね(笑)
今度は大丈夫でしょう(^^)
あ~スイマセン!
ウッカリ頂いたコメントを削除してしまいました…。
ちゃんと読んでいただけるかわかりませんが、お返事を書いておきます。

アドアードは確かに無難なんですけど、個人的にはフェアトライアルが弱いかなって思っています。
フェアトライアルでも「スピードに長けた血脈」であることが重要だと思いますから、その点で考えるとフォルリだけで支えている感が否めません。
良い配合だとは思うのですが、もう少し他にパワースピードがあると、配合パズル的には満点でしたね(^o^;)
この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.