09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
 

ネオユニヴァースの成功パターン(2歳馬編)

前回はネオユニヴァースの成功パターンをまとめました。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-975.html

これを元に、来期デビューのネオユニヴァース産駒を調べました。
成功パターンに該当する馬を全馬掲載しておきます。

なお、ヘイルトゥリーズンとボールドルーラーについては、「米スピード」というかたちでまとめさせてもらいましたので、悪しからずご了承ください。



『ダンジグ+米スピードを持つ牡馬』
母名
アンドモアアゲイン
イースタリーブリーズ
インディペンデンス
シークレットコード
シーザバッドガール
シーズライクリオ
セントフロンティア
デインスカヤ
フィックルフレンズ
ブリリアントライフ
マッキールージュ


『アホヌーラ+米スピードを持つ牡馬』
母名
プラジェラート


『トニービン+米スピードを持つ牡馬』
母名
ブロンコーネ


『バステッド+米スピードを持つ牡馬』
母名
セントフロンティア
ソニンク


『ペティンゴ+米スピードを持つ牡馬』
母名
セントフロンティア
ナスノフィオナ





誠に恥ずかしながら、ディープインパクトとステイゴールドについての考察をまとめた同人誌を出版させていただきました!(*ノω・*)

色々な配合を取り上げて解説しています。

成功パターンに該当する2歳馬名も全馬掲載してありますので、今回の記事を読んで少しでも興味を持っていただけたのであれば、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-888.html

※お詫び
ただいま需要に対して供給が追いついていない状況で、みなさまにご迷惑をお掛けしています。
申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。
詳しくは以下のエントリーをご覧になってください。

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-969.html



スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/05/20 | [] | Edit

はじめまして(^^)

まず1番の馬ですが、これはボールドリーズニングを通じてヘイルトゥリーズン4×7を持っているので、条件は全てクリアしています。
単純に「牝馬」だから候補から外しました。

次に2番の馬は仰るとおりです。
デインヒルとの相性については好み次第だと思います。
牡馬だったら多少パワーがあっても構わないとは思います。
でもやっぱり僕はあまり好きではありませんが(^_^;)
米血もありませんしね。

最後に3番ですが、これも仰る通り、米血なしという理由だけです。

ケープクロスはダンジグ+アホヌーラですから、ネオユニヴァースとは相性抜群だと思いますよ。

リファールは「ハイペリオン×フェアトライアル」血脈なので、ネオユニヴァースと相性良さそうにも感じるのですが、今のところの活躍馬はガンジスやインペリアルマーチなどのダート系が多く、芝ではトーセンソレイユくらいです。
今後活躍馬を出す可能性も否定できませんので、注目してはいるものの、今のところは成功パターンと呼べる組み合わせとまでは言えないかなと思っています。

それとサーアイヴァーについては、ちょっと注目したい血ですね。
これはヘイローとニアリークロスになる血ですので、ヘイロークロスが成功しているネオユニヴァースだったら、サーアイヴァーとの相性が良くてもおかしくはありません。

今回は成功パターンとして組み込みませんでしたが、ロジユニヴァース、ガンジス、トーセンソレイユが出ていて、成功パターンの可能性はあると思います。

もしサーアイヴァーが成功パターンだとすれば、質問に挙げていただいた3頭は全て該当しますので、この血をどう判断するかは結構重要かもしれません。

2013/05/20 | くりがしら[URL] | Edit