コンテントヘッダー

ネオユニヴァースにしなやかさは必要ない

個人的な好みとして、ネオユニヴァースには「ナスルーラ×プリンスキロ」血脈のサポートは必要ないんじゃないか説を提唱しています。
ネオユニヴァースの活躍馬を見ていると、「ナスルーラ×プリンスキロ」色の濃い馬を見かけないんですよね。

ということで、「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×プリンスキロ」血脈を母方に何本持つかで分類して、それぞれのPOG期間の成績を調べてみました。
ただ、さすがにコツコツ調べると時間がかかりすぎるため、今回は牡馬のみを対象とさせてもらいました。
ネオユニヴァースって牝馬があまり奮ってないため、そこまで調べる意欲がわかないです(^_^;)


・2~3歳春までのデータ

頭数 芝連対率 ダ連対率 芝1走あたり
ナスキロなし 113 21.3% 21.7% 240万円
ナスキロ1本 130 19.2% 20.1% 195万円
ナスキロ複数 85 18.7% 24.0% 126万円


まず「ナスルーラ×プリンスキロ」を持たない重賞馬は、ヴィクトワールピサ、アンライバルド、ネオヴァンドームの3頭。
他の活躍馬にはユニバーサルバンクやヘミングウェイ、デスペラードあたりでしょうか。
大物もたくさんいますし、安定感もバッチリ。


続いて「ナスルーラ×プリンスキロ」1本のみの馬からは、ロジユニヴァースとオールアズワンの重賞馬を始め、トーセンファントムとガンジスがいます。
全体の成績はやや劣っていますが、G1馬なども輩出していますし、嫌うほどではありませんでしたね。


それに比べて「ナスルーラ×プリンスキロ」を複数持つのは、芝の成績が更に下降します。
活躍馬もミヤジタイガとタカオノボルくらいしか目立った馬がいません。
ちょっとこれはマイナス効果として働いているんじゃないですかねえ。


全体的に芝成績の下降具合を見て感じたのは、連対率はやや緩やかな下がり具合なのに対し、1走あたり賞金の減少具合はかなり顕著だと言うことです。
つまり大物の誕生率には結構影響がありそうだなと。


今回は「ナスルーラ×プリンスキロ」の本数のみでザックリと仕分けましたが、本来ならば「ナスルーラ×プリンスキロ」の影響力の方がどうなのかってことが重要なんですよね。
例えば同じ1本持ちでも、3代目にあるとの7代目にあるのとでは影響力は全く違うハズです。

まあでもネオユニ自体が「ナスルーラ×プリンスキロ」を持ってるわけではないため、母方に1本あったとしても増幅度合いは少ないとは思います。
最終的にはバランスを見ることが必要かもしれませんが、1本あったからと言って機械的に排除する必要はないでしょう。


とりあえず今回の考察に関しては、ネオユニ配合論の必須項目にする程の自信度はありませんが、個人的には結構重視したいと感じる結果でした。
安定感を求めるのならともかく、真の大物を目指す場合においては、この柔らかさが障壁となりかねませんよ。





誠に恥ずかしながら、ディープインパクトとステイゴールドについての考察をまとめた同人誌を出版させていただきました!(*ノω・*)

色々な配合を取り上げて解説しています。

成功パターンに該当する2歳馬名も全馬掲載してありますので、今回の記事を読んで少しでも興味を持っていただけたのであれば、下記のエントリーをご覧になってもらえると嬉しいです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-888.html

※お詫び
ただいま需要に対して供給が追いついていない状況で、みなさまにご迷惑をお掛けしています。
申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。
詳しくは以下のエントリーをご覧になってください。

http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-969.html



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No Title

先生となるにはまだまだですよ(笑)

その馬は基本的に成功パターンなのでOKだと思います。
不安点を挙げるのならば、ボールドルーラーが少し血統表の奥過ぎるので、あまり影響力がないんじゃなか?ということと、デインヒルの重さがネオユニヴァースにとってどういう影響を及ぼすのか?この2点ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No Title

ダイワメジャー×サーゲイロードは良いと思います。
ただ、ダイワメジャー自身がナスキロ血脈を持っているわけではありませんから、ナスキロ柔くするためには、母方にもう1本程度ナスキロがあった方が理想的だったと思います。
今のままだとノーザンテースト≒ヴァイスリージェントのパワーの方がやや優っている感じでしょうかね。
悪い構成ではないと思いますが、少しバランスとしてはよろしくないかなと(^_^;)
ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク