≪ 2017 07                                                2017 09 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

4回にわけてダービー出走馬の配合を考察しています。

ちなみに僕が見てるのは配合のクオリティー(好き嫌い)だけです。
ダービー向きの適正とかはサッパリわかりませんので、あしからずご了承ください。
m(_ _)m



・キズナ(S)
今期大ブレイクしたディープ×ストームキャット配合。
この馬、以前はあまり評価していなかったんですけどね(笑)
アユサンの活躍をきっかけに色々と考えた結果、まさかの最高評価に修正したいと思います。


キズナはディープと相性が良いダマスカスを持っていて、ここから力強いパワーを受け継いでいます。
んで実は、ダマスカスが持つスピードボートという血は、ストームキャットのパワー要素であるマタハリ≒エイトサーティとニアリークロスになる関係なのです。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-945.html

つまり、ダマスカスはそれ自身でパワーを与えてくれるだけではなく、ストームキャットが秘めているパワーすらも引き出してくれるという、二重の効果が見込めるのです。

ということで、かなり高得点の配合なんですけど、このタイプはどうしても米血が主体になってしまい、少々単調な配合になりやすいです。
しかしキズナの場合、3代母のフィジーがハイペリオン≒オールムーンシャイン3×3を持ち、しかもアクロポリスという血がディープのスタミナ源であるバークレアをしっかりと増幅しています。

米パワーをメインに据えた上で、欧スタミナを補強していて、個人的にはかなり良い配合だと思います。
・・・それをキズナのデビュー前に気づけていれば、他人に指名されることはなかったのに!!( ;∀;)


・コディーノ(B+)
キンカメ×サンデーという安定構成に加えて、フォルリのクロスと、テューダーミンストレル≒アバーナントのクロスを加えて、硬質なスピードをバッチリ補強してあります。
でも僕は「ウォーアドミラル×ラトロワンヌ」をクロスしたキンカメ産駒を嫌るルールを設けています。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-831.html

もう今さらコディーノのスピードを疑う必要はありませんが、東京コースではB+評価に落とすって決めてましたので、今回は意地を張ってみようと思います。
・・・適性を考えるのは苦手なのに、こんなことして痛い目を見なければいいけど(;・∀・)


・アポロソニック(C)
上手くは説明出来ないんですけど、僕は全然好きなタイプじゃないです(^_^;)
青葉賞の2着だってびっくりしました。


・クラウンレガーロ(S)
ダービーに向いているかどうか、そして強いかどうかは置いといて…グラスワンダーの配合の中ではかなり好きなタイプです。
まずロベルト系のパワーに対して、ミスプロ系でも柔らかいスピードを持つエンドスウィープを母父に据えて、ブラマリー≒ゴールドディガーを発生させたことで、POG向きの完成度を得ています。
そして何よりも良いのが、そこにノーザンテーストを添えてアリバイ≒レディアンジェラとしたこと。
グラスワンダーの核である、牝系のパワーをしっかりと押さえています。
グラス×テーストはアーネストリー、スクリーンヒーロー、サクラメガワンダー、マイネルレーニアを輩出する鉄板のニックスなのです。


・メイケイペガスター(?)
母がブライアンズタイム+デピュティミニスター+バックパサーなんて、どう考えてもダート馬じゃないの。
なのになんでこの馬は芝で結果が出ているのか・・・。
これだからフジキセキは謎なんだよなあ(笑)

ということで評価を放棄させていただきます!(^_^;)

スポンサーサイト


この記事へコメントする















にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.