やれなかった・やらなかった・どっちだろう

笠雄二郎氏、栗山求氏、望田潤氏の配合論をベースに、POG向きの血統論を考察しています。

Category [POG考察 ] 記事一覧

エトランドルを指名しました

ムスカテールの弟エトランドルを指名しました。ハービンジャーの場合、母父がサンデーサイレンスであることや、母がノーザンダンサーを複数持たないなどの基本方針はもちろん大切です。ただ僕が一番重視しているのは、ハービンジャーが抱える『ダンジグ』や『テューダーミンストレル』の「ハイペリオン×レディジュラー」を刺激すること。シェリールが抱える『ハイトップ』は、(ハイペリオン×サンインロー血脈の)アバーナント+コ...

サトノクラウンとアヴニールマルシェの違い

今回は、東スポ杯を優勝したサトノクラウンと、2着に敗れたアヴニールマルシェの違いを考えてみようかなと思います。両馬とも、デビュー前に考察をしたので、まずそちらを見ておいてもらえると助かります。サトノクラウン→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1253.htmlアヴニールマルシェ→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1183.htmlサトノクラウンはラストタイクーン≒タッチオブグレイトネス≒エアディスティング2...

新潟2歳Sの人気馬3頭のまとめ

アヴニールマルシェについては、新馬戦のデビュー前に詳しく考察をしたので、そちらの記事をご覧ください。http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1183.htmlディープインパクトの理想からすると、若干パワーに不安があり(というか相性の良いパワー血脈を持たない)、その代わりにナスキロ的なしなやかさとリファールの持続力を持ち味としていますので、平坦の外回りは向いていると思います。ナヴィオンについては、この前書い...

アパパネタイプのミュゼスルタン

アパパネとミュゼスルタンは血統構成に多くの共通点があります。アパパネの母父はソルトレイクで、ミュゼスルタンの母父はフレンチデピュティ。デピュティミニスター系のガッチリした筋肉を受け継いでいます。ただし両馬は、キンカメのミルリーフに対して「ボールドルーラー×プリンスキロ」血脈(アパパネ=ボールドビダー、ミュゼスルタン=ミッテラン)を合わせることで、しなやかさを引き出す工夫が施されています。更にどちら...

キンカメ×ノーザンテースト理論をナヴィオンに当てはめてみる

キングカメハメハ産駒の牡馬で、母方にノーザンテーストを持つ組み合わせは、ダートで強い馬が出やすい傾向にあります。もう少し詳しく言うと、トニービンを併せ持つ場合は、ルーラーシップ、ミッキードリーム、ラブリーデイなど、芝の活躍馬が多いです。もちろんそれ以外の場合でも、ヒットザターゲットやエーブチェアマンなど、芝で活躍している馬はいます。ただどちらかと言うと、ハタノヴァンクール、タイセイレジェンド、ソリ...

Menu

ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.