ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.
 9.
10.

 

2016年09月25日(日)
ルーラーシップは『リヴァーマン』と『シアトルスルー』がニックスなんじゃないか説

 
こんにちは、身内POGで昨日ジューヌエコールがききょうSを快勝して大きく上昇気流に乗り、今日のアドミラブルで垂直に墜落したくりがしらです(゜.゜)

ここまでは好調を維持していたPOGでしたが、今期初めて指名したディープ産駒でこの結果はショックだわ~。



さてキングズラッシュが芙蓉Sを勝ち、ルーラーシップ産駒初のOP勝ち馬が誕生しました。
キングズラッシュは名前的にキングズベスト産駒だと思い込んでて、レース後ようやく間違いに気づきましたましたよ(笑)

それはさておき、まだ詳細を分析する時期ではありませんが、このあたりで一度仮説を立ててみることにしましょう。


キングズラッシュが持つ血の中で、これがルーラーシップに合ってるのかな~と感じたのが『リヴァーマン』と『シアトルスルー』の2血脈。

ルーラーシップ×リヴァーマンは6頭中4頭が勝ち上がり。
芙蓉Sの1着キングズラッシュ、2着レジェンドセラーはどちらもこの血を持っています。
新馬戦で強い勝ち方をしたダンビュライトも該当してますね。

ルーラーシップ×シアトルスルーは3頭中2頭が勝ち上がり。
キングズラッシュはこの血も持っていて、他には新潟2歳S3着のイブキが出ています。


ルーラーシップの父であるキングカメハメハには“斬れ味”を司る資質を2つ持っています。
1つが『ミルリーフ』、もう1つは『ホーンビーム』です。

そんなキンカメに対し、母方からトニービンを配してホーンビームのクロスを作ったのがルーラーシップ。
まさに斬れ味を中心に活躍した競走馬であり、種牡馬としてもこの資質を強く伝えているような印象を受けます。


ルーラーシップに『リヴァーマン』や『シアトルスルー』を合わせると、今度はキンカメのもう1つの“斬れ味”の源泉であるミルリーフを大きく増幅できるんです。


リヴァーマンはミルリーフとニアリークロスになります。

┌Never Bend
ミルリーフ
│┌Princequillo
└△┌Count Fleet
 └△

┌Never Bend
リヴァーマン
│ ┌Princequillo
│┌◯
└△└Count Fleet


またシアトルスルーも母父のポーカーがミルリーフとニアリーです。

 ┌Nasrullah
┌◯
│└△┌◯
│ └△└La Troienne
ミルリーフ
│┌Princequillo
└△

 ┌Princequillo
┌◯
ポーカー
│┌Nasrullah
└△
 └△
  └△
   └La Troienne


先程も書いたように、ミルリーフの資質はホーンビームと並ぶキンカメの斬れ味の源泉であり、方向性が似た資質です。
ですからミルリーフを増幅しても、ルーラーシップのホーンビームらしさを打ち消してしまうことがないのでしょう。

むしろホーンビームばかりをしつこく増幅しても煮詰まり気味になってしまいそうですよね。
新たなツボを刺激して新鮮な斬れ味をゲットするという点でも、リヴァーマンや(シアトルスルーの)ポーカーは効果的に働いてる感じです。


もちろん現時点での少ないサンプルによる傾向ですから今後どうなるかはわかりませんが、まずはこの2血脈に注目してルーラーシップ産駒を見守ってみたいと思います(*^^*)

ちなみにミルリーフ、リヴァーマン、ポーカーの共通点は「ナスルーラ、プリンスキロ、ラトロワンヌ」なので、これと似たような構成の血脈の、『(カーリアンの母)フォアシアー』も面白そうな感じかも?




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

 
 

2016年05月07日(土)
NHKマイルC 全馬プチ考察(3)

 
NHKマイルCの全馬考察は今回が最後です。


・シゲルノコギリザメ

母系は重厚なスタミナが豊富で、しぶとく頑張れる馬です。
ただし足さばき自体は結構フニャッとしていて、京都コースのシンザン記念でなだれ込む感じを見る限り、ハビタット5×6のしなやかさも強く出ているんですかね。
パワーはあるし柔らかさもあるけど、弾けきれずにジリジリと走る、ちょっと不思議なタイプです。



・ブレイブスマッシュ

ノーザンテーストのクロスによるパワーがメインで、本来なら中山向きのタイプだとは思います。
にも関わらずホープフルS、京成杯と敗れてしまったのは距離の影響なのでしょうか……。
東京マイルで持ち前のパワーをスピードとして活かすなら、スローの方がいいかな。



・ストーミーシー

母はカーリアン直仔のゼンノエルシドを父に持ち、更にプリンスリーギフトのクロス。
そこにエンドスウィープ系のアドマイヤムーンですから、走り自体は軽いしなやかさを持っているように感じます。
ここ3走は中山で好走していますけど、東京でもパフォーマンスは下がらないのでは。



・カネノイロ

ゴメンナサイ、よくわかんない(^_^;)



・ブランボヌール

阪神JF出走時に詳しく書いたので、そちらを読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1500.html

この馬に関してはいつも書いてますが、サクラバクシンオーの頑丈さをそこまで刺激していないので、マイラーとして良いと思ってるんですけどね~。
2歳の早期から短距離のスピード競馬を覚えちゃったので、ちょっとマイルでごまかしが効きづらい感じになってるのかな~。



・レインボーライン

詳しくは先日書いた記事を読んでください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1557.html

ちょっと鈍くさいパワースピードがメインなので、加速に時間がかかるタイプ。
こういうタイプと福永騎手はあまり相性が良くない感じがするんですが、どうなんでしょうね(^_^;)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

 
 

2016年02月08日(月)
トレンドは「ダンジグ×アリダー」の時代へ

 
2014年の初夏、母方の血統内に「ダンジグ」と「スペシャル」を持つ競走馬が、3歳GⅠレースを席巻しました。

NHKマイルCの優勝馬ミッキーアイルの母スターアイル、そしてオークス優勝馬ヌーヴォレコルトの母オメガスピリットは、どちらもダンジグとスペシャルを併せ持つ繁殖牝馬です。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2004110007/
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2001102438/

更に日本ダービー優勝馬ワンアンドオンリーの母ヴァーチュは、スペシャルこそ持たないものの、代わりにスペシャルの全弟サッチをダンジグと共に抱えています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2002102282/


ダンジグは筋肉質なパワースピードを伝える頑丈な血脈。
そこにスペシャル(またはその全きょうだい)を組み合わせると、ダンジグの母パデノン(Pas de Nom…読み方あってるのかな、汗)とスペシャルの間で「ハイペリオン、フェアトライアル、ファイティングフォックス=ギャラントフォックス」のクロスが発生し、ダンジグのパワーをより強力に増幅してくれます。

この強靱なスピードが原動力になることで、ミッキーアイル、ヌーヴォレコルト、ワンアンドオンリーという3頭のGⅠ馬が誕生しました。


この仕掛けは、翌年の2015年になっても大活躍します。
ダンジグの血を抱える種牡馬スクリーンヒーローが、スペシャルを抱える繁殖牝馬との間から、2頭の活躍馬を出したのです。

1頭は昨年の年度代表馬モーリス。
そしてもう1頭はGⅢ毎日杯の優勝馬ミュゼエイリアン。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2011100655/
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2012104164/
(↑ミュゼエイリアン内のスペシャルは6代目なので、リンク先の5代血統表にスペシャルの名前はありません。)


父方ダンジグ×母方スペシャルという、前述の3頭とは違うパターンではありますが、増幅されたパワースピードを決め手にするという点で、やっていることはみな同じです。


非常に蜜月な間柄にある「ダンジグ×スペシャル」ですが、ここにきてスペシャルに勝るとも劣らないダンジグの新相棒が登場し、最近の競馬界を賑わせています。

その相棒とは“アリダー”です。

ダンジグにアリダーを合わせると、ダンジグの母父の父クラフティアドミラルが持つサーギャラハッド=ブルドッグ2×3と、アリダーの母スウィートトゥースが持つブルドッグ=サーギャラハッド4×4・5が同調し、両者が抱えるパワー資質が大きく増幅されます。


本日行われたきさらぎ賞。
危なげないレース運びで他馬を圧倒したサトノダイヤモンドの母マルペンサが、この組み合わせを持っているのです。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a011cdc/

今までこの馬の配合はパワーよりも軽さの方が強いだろうと全然褒めてこなかったんですけど、「ダンジグ×アリダー」の威力をまざまざと見せつけられ、返り討ちにあってしまいました。
世間はとっくに評価していたのに、僕だけ流れに付いていけてなかったですね~、反省反省…(^_^;)


ただ今思うと、僕がこの仕掛けの存在に気づいてなかっただけで、実は以前から活躍馬がいたんですよね。

重賞2勝馬ドナウブルー&GⅠ7勝ジェンティルドンナ姉妹の母ドナブリーニ、そして先ほども紹介したNHKマイルC勝ちのミッキーアイルの母スターアイルがこの組み合わせを持っています。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a010eb8/
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2004110007/


それで気づいたんですけど、実は有馬記念を勝ったゴールドアクターも、(ダンジグを持つ)スクリーンヒーロー×アリダーを持つ母という組み合わせでした。
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2011105266/

やっぱり「ダンジグ×アリダー」ヤバイっすねー(*゚∀゚)=3


そんなわけで、サトノダイヤモンドの評価を修正しつつ、今後は「ダンジグ×アリダー」にも注目していかなきゃな……と、心に誓うくりがしら氏なのでありました(~_~;)




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ

2015年度クラブ募集馬の考察 ⇒ コチラ


 
 

2015年08月27日(木)
ファルブラヴの優秀さを考える

 
最近ちょっと思い立って、ファルブラヴについて色々と調べていました。
せっかくなのでPOGで有効だなと思う点を簡単にまとめておきます。


1.牝馬が有利

これは有名ですよね。
ファルブラヴ産駒の牡馬はこれまで157頭がデビューしてますが(現2歳は除く)、POG期間に2勝を挙げた馬は実はブレイクチャンスただ1頭だけ(しかもダートの500万下勝ち)。
かなり厳しい状況です。

・POG成績
3~10歳 頭数 勝ち上がり 芝成績 ダート成績
連対率 1走当 連対率 1走当
ファルブラヴ牡馬 157 18 16 21.7 11.5 % 74 万円 9.0 % 53 万円
ファルブラヴ牝馬 152 24 9 21.7 15.5 181 万円 6.9 37 万円



2.ノーザンファームが有利

ノーザンファーム産の馬が強いのはどの種牡馬でも共通のことではありますが、ファルブラヴ産駒はその傾向が顕著。
良血が素直に結果を出してくれる感じです。

ちなみに社台ファーム産の産駒はそこまで飛び抜けた成績ではありません。

・POG成績
3~10歳 頭数 勝ち上がり 芝成績 ダート成績
連対率 1走当 連対率 1走当
ファルブラヴ全体 309 42 25 21.7 13.7 % 132 万円 8.1 % 46 万円
ノーザンファーム産 48 15 5 41.7 26.9 % 369 万円 11.4 % 63 万円
社台ファーム産 69 13 8 30.4 14.4 % 150 万円 11.7 % 65 万円



3.サンデー持ちが有利

非サンデー系種牡馬なら、サンデーサイレンス持ちの繁殖牝馬と相性が良いのは順当な傾向と言えますね。
ファルブラヴについても、サンデー持ちの方が成績は良好です(特に芝)。

・POG成績
3~10歳 頭数 勝ち上がり 芝成績 ダート成績
連対率 1走当 連対率 1走当
サンデー持ち 148 25 9 23.0 15.1 % 163 万円 6.1 % 40 万円
サンデーなし 161 17 16 19.3 11.9 % 94 万円 10.0 % 52 万円



さて、以上の3点を踏まえ、「牝馬」+「ノーザンファーム産」+「サンデーサイレンス持ち」の全てを満たした馬を調べてみました。

・POG成績
3~10歳 頭数 勝ち上がり 芝成績 ダート成績
連対率 1走当 連対率 1走当
ファルブラヴ全体 309 42 25 21.7 13.7 % 132 万円 8.1 % 46 万円
牝馬+ノーザン+サンデー 12 7 1 66.7 38.1 % 575 万円 23.1 % 88 万円


メッチャ成績良いです(笑)

これ、「フォルリ×テューダーミンストレル」とか「スペシャル×ダンジグ」のみたいに、僕がいつも能書きを垂れているような難しい血統理論を使ってるわけじゃないんですよね。
ノーザンファーム産やサンデー持ちとか、POGならみんなが重視するような基本的なデータで絞り込んでいるだけです。

それなのに、12頭のサンプルの中からアイムユアーズ(フィリーズR、ファンタジーS、期間後にも重賞2勝)、スピードリッパー(フィリーズR2着、フェアリーS2着)、ワイルドラズベリー(紅梅S、白百合S)、マコトナワラタナ(葵S)の4頭が出ています。
3分の1でオープン馬が引けるわけです。


ちなみにこの成績は、「ノーザンファーム産+ディープインパクト産駒+牡馬」と大体同じくらいです。

・POG成績
3~10歳 頭数 勝ち上がり 芝成績 ダート成績
連対率 1走当 連対率 1走当
ファルブラヴ
牝馬+ノーザンF+サンデー
12 7 1 66.7 38.1 % 575 万円 23.1 % 88 万円
ディープインパクト
牡馬+ノーザンF
111 66 7 65.8 42.9 % 504 万円 25.0 % 180 万円


ノーザンファームでディープで牡馬っていったらドラフト上位で争奪戦になるレベルですけど、ファルブラヴだったら下位でヒッソリ指名することも出来るでしょう。

ディープ産駒みたいにダービーやオークスは狙いづらいですけど、戦力としては申し分ありません。


今年の2歳馬で上記の3点を満たす馬は、ストライクショット、ルナディミエーレ、母ホーネットピアスの3頭がいますね。
とりあえずそれらを全部指名しておけば、その内1頭くらいはオープンクラスで稼いでくれるかもしれませんよ。

UMAJINの地獄モードを楽しんでる方は、ファルブラヴでライバルと差をつけましょう!(・∀・)



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ



 
 

2015年07月25日(土)
キンシャサノキセキ×スワップスはニックスなんじゃないか説

 
函館2歳Sの予想記事を書こうと血統表を調べていたはずが、ついつい関係ないところへと脱線し、気づくと何故かキンシャサノキセキの配合について考えていました(笑)

そんでふと思ったんですけど、キンシャサノキセキってスワップスと相性が良いのではないかと思うんですよ。


現3歳馬のキンシャサノキセキ産駒で、母方にスワップスを持つ馬は全部で15頭。
その内の12頭が勝ち上がっていて(POG期間の勝ち上がりは11頭)安定感はバツグン。


・POG期間データ(現3歳馬)

POG期間 頭数 勝ち上がり 連対率 1走当賞金
(芝+ダ)
キンシャサノキセキ全体 67 12 16 41.8% 14.5% 23.9% 106万円
スワップス持ち 15 5 6 73.3% 20.8% 21.6% 152万円

キンシャサノキセキ産駒の稼ぎ頭である2勝馬の3頭(サフィロス、メイショウワダイコ、ユキノカトレア)も、もれなくスワップスを持っていますし、これは偶然とは思えないんですよね。


そこで、後付けでもいいから何かしらの理由をこじつけることが出来ないものかな~と、色々と考えてみました。
その結果2つの仮説を作り出すことに成功しましたよ(笑)



・カーレッド(Khaled)≒レッドレイ(Hillary)の継続強化

キンシャサノキセキの父であるフジキセキは、カーレッド≒レッドレイ6×6というニアリークロスをもっています。
クロスの濃さ的に考えて、もの凄い影響力を持っているというわけではないでしょうけど、ボトムライン上の血を刺激する仕掛けだけに、中々面白いクロスだな~と思います。

そんなフジキセキにスワップスを合わせると、エーデルワイス≒スワップスのニアリークロスになるのですが、その仕掛けにカーレッドのクロスも含まれているというのが重要なポイント。

スワップスの父がカーレッドなので、フジキセキの特徴である「カーレッド≒レッドレイ」6×6をそのまま継続強化してくれるのです。
これがキンシャサノキセキ×スワップスが好相性となっている秘訣なのかもしれません。


・フラワーボウルの増幅

上の説明で、フジキセキ×スワップスは「エーデルワイス≒スワップス」のニアリークロスになると書きましたが、実はキンシャサノキセキの場合、母方が抱える(ヒズマジェスティの母である)フラワーボウルとスワップスもニアリークロスで脈絡するのです。

フラワーボウルは望田師匠をして「ハイインローの肝っ玉母さん」といわしめる程の底力溢れるスタミナ血統。
それをニアリークロスで大きく増幅するわけですから、悪いハズがありませんよね。



ということで、キンシャサノキセキにスワップスを合わせると、これら2つの要素によって大きな恩恵がもたらされるのではないか……そんな感じがしています。


今年の2歳馬で、キンシャサ×スワップスはすでに8頭がデビューして、勝ち上がっているのはまだ1頭だけ。
本当にニックスなのかアヤシイ感じがしてきましたね(^_^;)

でも唯一勝ち上がっているその1頭が、今日の中京2歳Sを快勝したシュウジ。

やっぱり面白いと思うんだよなあ。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
好配合2歳馬一覧 ⇒ コチラ