ブログランキング
 
にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ
FC2カウンター
 
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
 
くりがしら
 
今年の指名馬
 
<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.
 9.
10.

 

2016年12月15日(木)
サラブレ1月号の『QN』は安田隆行厩舎です

 
12月13日に『サラブレ』12月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

大幅なページ増でパワーアップ!
特別付録は恒例の2017年競馬カレンダー。
特集はもちろん有馬記念。
ルメール騎手、池江調教師他キーマンに直撃ほか、有力馬の明暗を分けるポイント、3000円で獲る3連単講座、亀谷敬正の重賞アプローチ出張版、金満血統王国出張版など、総力を挙げてお届けします。
その他、今月号より佐藤哲三元JRA騎手の新連載開始、1ヵ月の全重賞制覇を目指すお宝データ、馬場傾向がわかるトラックバイアス付きマンスリーアーカイブ、重賞以外の全特別レースの傾向分析、毎月現金1万円やオリジナル賞品が当たる読者参加型企画を毎月開催など誌面刷新号です。



巻末で編集さんが「コンセプトは一ヶ月ずっと使える競馬月刊誌です。」と書かれていますが、中身はもちろんのこと、まず見た目がページ大幅増+平綴じに変わっていて、本棚に保存版としておいても見栄えのするプレミアムな雰囲気が醸し出されてます(^^)



『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第15回は「安田隆行」厩舎を研究しています。

名スプリンターを数多く手がける厩舎だけに、短い距離を全力で駆け抜けるパワー+底力が重要な鍵を握っています。

現2歳馬でもデイリー杯2歳Sを勝ち馬ジューヌエコールや、京王杯2歳Sの勝ち馬モンドキャンノも、しっかりと厩舎ニックスの恩恵を受けてますね。

それだけにモンドキャンノが朝日杯で距離延長する点をどう見るかがまたややこしいワケですが(^_^;)
ま~馬券的な問題はさておき、POGや一口においては間違いなくプラスですから、積極的に取り入れていきたいところです。




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

 
 

2016年11月15日(火)
サラブレ12月号の『QN』は藤原英昭厩舎です

 
11月11日に『サラブレ』12月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

ジャパンC、チャンピオンズCなど、国内G1の攻略はもちろん、今では大きな繋がりを持つ海外競馬の情報も満載。
ジャパンCの有力馬、海外調教馬過去分析、凱旋門賞で1~3着を独占したアイルランドのバリードイル勢の正体、12月に行なわれる香港国際レースの展望など、他では読めない企画をお送りします。
その他、馬券力アップのためのレースの波乱度を見極める『設定理論』紹介、読者参加型企画の年忘れ競馬クイズなども。




そして栗山師匠の連載、「血統史たらればなし」が今号で最終回のようです(´;ω;`)

ポストにサラブレが届いたらまずQNのページを開き、トーンの貼り忘れや描きミスのチェックがてらに仕上がりを確認。
それが終わったら次のページをめくって「たらればなし」を読む……というのが毎月の楽しみでした。

QNの連載がはじまってから一年二ヶ月の間、師匠と同じ誌面で時を共有することができて光栄でした!




『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第14回は「藤原英昭」厩舎を研究しています。

先週デビューしたメイズオブオナーという馬は、藤原英厩舎のニックスにドンピシャな血統構成をしていますね。
残念ながら新馬戦は3着という結果でしたが、まだビシっと仕上げてる感じではありませんので次走が楽しみです。

あと面白いかもな~と思ったのは、シェイク・モハメド殿下率いるダーレーとの組み合わせ。

ダーレーは上質な血統構成の産駒をたくさん所有しているため、自然と藤原厩舎向きの欧血が含まれがちです。
現2歳馬のコーカス、ベストアプローチはいずれも勝ち上がっていますが、どちらも藤原厩舎とニックスであるサドラーズウェルズを持っていますね。

今後注目しておきたいです。



POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

 
 

2016年10月16日(日)
サラブレ11月号の『QN』は堀宣行厩舎・後編です

 
10月13日に『サラブレ』11月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

ついに秋のGⅠシーズンに突入!
特集では秋華賞、菊花賞、天皇賞・秋、そして秋シーズンを通して狙ってみたい馬を識者に聞いてみました。
予想家やトラックマンに加え池江泰郎元調教師、佐藤哲三元騎手、藤田伸二元騎手も登場します!
その他、今年の3歳馬はレベルが高いのか、この秋狙ってみたい配合馬など、秋の競馬シーズンを迎えるにあたって見逃せない情報が満載。
巻頭ではマカヒキが敗れた凱旋門賞の詳報をお届け。
なぜ、マカヒキは大敗したのか? その理由を探ります。
その他ではダートグレードレースの祭典・JBCシリーズの展望も!






『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第13回は「堀宣行」厩舎を研究しています。
今回は後編です。

堀厩舎の厩舎ニックスは、西園厩舎と同じくパワー血統がベースになっています。
その影響か、どちらかといえば牡馬の方が活躍しやすい印象です。
ただ堀厩舎には牝馬の活躍馬が出やすい特殊な厩舎ニックスというものがあり、今月はそれについて詳しく解説しました。

この理論をもとに、堀厩舎に所属している2歳牝馬で面白い存在になるかもな~と感じているのが、ディープ×キングカメハメハのハナレイムーン(ハウオリの14)。
ディープの配合的にも素晴らしいので、健康面さえ問題なければ結構イケると思うんですよね~。

まあ個人的なPOGの私情がめちゃくちゃ入ってますけど(笑)




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ

 
 

2016年09月16日(金)
サラブレ10月号の『QN』は堀宣行厩舎・前編です

 
9月13日に『サラブレ』10月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

ついに始まる海外G1馬券発売。
その第一弾はマカヒキが挑む2016年凱旋門賞。
ライバル馬はどの馬なのか? どう馬券を買えばいいのか? 両面から大一番を占う。

もうひとつの特集は秋の血統馬券術。
今年、馬券が好調の『金満血統王国』王様・田端到氏が満を持して登場。
自らの馬券スタンスを語るなど、この秋に使える馬券術が満載!
その他、「競馬クイズ祭り」&「ジーワン予想コンテスト」の2大読者参加型企画、藤田菜七子騎手・海外遠征レポート、スプリンターズS展望、他では読めない南アフリカ競馬事情、本誌が実際に購入したひと口クラブ馬など。




ちなみに今月号は、僕がTwitterで仲良くさせていただいてるコテツさんという方が、“サラリーマンのための3000円3連単講座”と題し、スプリンターズS攻略の記事を寄稿されています。
独自の視点と斬新な発想で穴馬券を狙うスタイルで、8月の小倉記念でも3千円を32万円に増やしてましたよΣ(゚Д゚)




『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第12回は「堀宣行」厩舎を研究しています。
今回は前編です。

『QN』が連載を開始して、今回でまる1年なんですね~。
そのうちの1回は特別総集編だったので僕が執筆したのは11回ではありますが、ここまで続けることが出来て嬉しいです。

読んでくれている皆様。
少しでも良い作品になるよう熱心にアドバイスをくださる編集の近藤さん。
厩舎スタイルや調教師さんのお人柄などの情報を添えて、作品の感想をくださる競馬エイトTMの鈴木由希子さん。
本当にありがとうございます、感謝の気持ちでいっぱいです(*^^*)



今年堀厩舎が管理する2歳馬で、厩舎ニックスが上手く機能したら面白い存在になるな~と感じるのが、サトノマックス(ディープインパクト×ラシャルマンテ)と、ラディアンスウェイ(ディープインパクト×ギャビーズゴールデンギャル)の2頭ですかね。

サトノマックスについては以前ブログでも記事にしているので、良かったらそちらも読んでください(*^^*)
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1600.html




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ
 
 

2016年08月13日(土)
サラブレ9月号の『QN』は音無秀孝厩舎です

 
8月12日に『サラブレ』9月号が発売しました。
http://www.enterbrain.co.jp/sarabure/book/

特集は「ノーザンファーム大研究」。
各拠点を徹底取材した他、馬券データ、牝系データなども満載で、生産界ナンバーワンの大牧場を徹底研究しています。
その他の企画記事では、陣営に直撃したマカヒキの近況レポート。
好評企画「ラップ×血統論」は上半期古馬G1プレイバック、注目2歳馬の近況など。
名馬物語ではオルフェーヴルが前号に引き続き登場。
また、オリジナル賞品が当たる夏の競馬クイズ祭はこの号でも開催しています。



ノーザンファーム特集は大注目の企画ですね~。
POGを優位に進めるためにも、隅から隅まで読破したいと思います( ゚∀゚ )






『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』

第11回は「音無秀孝」厩舎を研究しています。

現在、音無厩舎に入厩してる2歳馬に、ステゴ産駒のスティッフェリオという馬がいます。
この馬が持つ「ノーザンテースト≒ザミンストレル」は、音無厩舎が好みそうな仕掛けなんですよね。
阪神デビューっぽいので、今後調教のピッチを上げてくるのかな。
楽しみに待ちたいと思います。

ちなみに厩舎ニックスの解説とは直接関係ありませんが、今回は配合パズルのあの先生がカメオ出演してます(笑)




POGに役立つ血統同人誌 ⇒ コチラ