ハーツクライとアドマイヤラクティ

同人誌のハーツクライ編の中、シアトルスルー持ちパターンについて、POG向きじゃないから様子見するのが無難と書きました。
この理論については、特に自分が実際に指名した2頭の馬から受けた印象が大きく影響しています。

1頭はマジェスティハーツ。
そしてもう1頭はアドマイヤラクティです。


2頭は素質の片鱗を見せながらもPOG期間は伸び悩み(マジェスティハーツは骨折の影響もありますが)、しかし期間後に徐々に成長し、古馬の重賞戦線で好勝負をしています。
当初はPOG向きの好配合として凄く期待していた「ハーツクライ×シアトルスルー」のイメージは、コイツらによって大きく変えられました(笑)


もちろん、POG向きじゃないと判断した要因はこの2頭の成績だけではなく、それ以外のカポーティスターやカレンミロティックなどの傾向があったからこその結論です。
しかしデビュー戦から応援し続けている自分の指名馬だからこそ、配合の印象をよりイメージしやすかったのは間違いありません。

アドマイヤラクティの場合はそれだけじゃなくて、ハーツクライ×ジアクスをニックスと結論付けてくれた馬でもありますね(^o^)


POG元指名馬による、初の海外G1制覇をもたらしてくれたアドマイヤラクティ。
お疲れ様でした。


栗山求師匠にお会いしました

昨日、栗山求師匠と初めてお会いしました!(゚∀゚)


僕が同人誌で書いている「配合パズル」理論のベースになっているのは、以前栗山師匠がブログで書いておられた「マンハッタンカフェ整理整頓」です。
http://blog.keibaoh.com/kuriyama/2010/07/post-ec5e.html

僕が血統に興味を持った当初、色々な方の血統考察文を読んでみたものの、何を言っているのかサッパリわかりませんでした。
そんな中、最初に血統を調べるきっかけを与えてくれたのが、マンハッタンカフェ整理整頓の記事なんです。
正直言って、書かれている内容については、最初あまり理解出来ませんでした。
でも「Nijinsky+Mr. Prospector」とか「母が Northern Dancer を複数持つ」とか、具体的にパターンを明示してくれていることが、血統理論がわからない自分にとっての救いの糸だったのです。

血統表でNijinskyとMr. Prospectorがあるかどうかを探す単純な作業ですが、初めて自ら“目的”を持って血統表を見るようになったというのは、自分にとって凄く大きい変化でした。
あれがなかったらおそらく血統好きにはならなかったと思います。

だから血統の知識が詳しくなってきて、自分なりの好み(ルール)を作ってみたいな~と思った時、やっぱり目指したのはマンカフェ整理整頓だったんです。
綺麗にパターン化された種牡馬考察……それが今の「配合パズル」に繋がっています。


栗山師匠は知識の塊のような方で、本当に勉強になることばかり。
昨日の僕は完全にいち競馬ファンという立場で、栗山師匠の話に夢中になってしまいました。

ブログでは偉そうなことを言ってばかりの僕ですが、まだまだ修行中の身です。
何かを教えるということではなく、血統の楽しさをみなさんと共有するつもりでブログを運営していきますので、これからも仲良くしてくださいm(_ _)m


配合をパズル化することばかりに執念を燃やして、木を見て森を見ずになりすぎている自分が、笠師匠、栗山師匠、望田師匠の配合論をベースにしていると言ってしまっては、配合と真剣に向き合っている先生方に対して失礼ではないのかと、ずっと悩んでいました。

でも栗山師匠に「ノーザンダンサー→ニジンスキー→カーリアンとなるにつれて個性は変わっていくものだから、そんなこと気にすることはないですよ」と言ってもらったことで、凄く気持ちが楽になるとともに、ちょっぴり自分に自信が持てました(^o^)



4月になりましたね

そろそろ来期のために種牡馬の考察をしないといけません。
4月の半ば頃から本格的にブログを更新出来たらいいなと思っています(・∀・)

去年も種牡馬の考察はしましたので、このブログを以前から読んでくださっている方にとっては、同じことの繰り返しになってしまいます(^_^;)
でも復習も兼ねて、お付き合いしてもらえると嬉しいです。

配合パズル宣伝1

念願の初対面

ついに望田潤大先生とお会いすることが出来ました!!



先日ナスキロ会に初参加してきました。
参加者のみなさんとはTwitterでやりとりさせていただくことはありましたが、直接お会いしたことのある方はいません。

スゲー人見知りな僕は、全員と初対面なうえ、その中に望田大先生がいるんですから、もう緊張したなんてもんじゃないです(笑)
しかも僕はお酒が入ると無口になるという、困った特性の持ち主なんですよね。


色々お話しとけば良かったよ~とか、あの話をもっと深く聞きたかったな~とか、後になって残念に思うことがたくさんありますね(^_^;)
でも凄く楽しいひとときを過ごさせていただきました。


望田大先生の気さくさは、ブログを呼んでいる方ならご存知の通り。

しかし実際のご本人はというと、もっとず~っと気さくな方で驚きました(笑)
しかも人柄の良さがハンパじゃなくて、俺、この人にだったら抱かれてもいいって思いました。


僕のことを呼んでいただいて、ナスキロ会の皆さんには感謝しています。
皆さんに気を遣わせてしまい、ホント申し訳ありませんm(_ _;)m
ずっと無口でしたけど、僕自身はめちゃくちゃ楽しんでました。


機会がありましたらまた皆さんとお会いしたいです。
次はもっと喋りますので…(汗)



来年度の同人誌について、望田大先生直々に発売の許可をいただけました(^o^)


ナスキロ会の時にも強く感じましたが、僕は競馬知識、血統知識が圧倒的に不足しています。
詳しい方とお話したら僕は全然ついていけません。

そんな僕に出来ることは、血統初心者に対して、血統の楽しさ、奥深さを伝えることくらいだと思っています。
競馬にとって血統はかかせないということを感覚的に覚えてもらって、血統に興味を持たせるきっかけになりたいです。

「ディープ×フォルリ×テューダーミンストレル」とか
「ディープ×インリアリティの牡馬」とか

成功する配合馬かどうかを、配合の全体も見ずにパターン化するという、スゲー乱暴なやり方です(^_^;)
でも細かい理論なんてどうでもいいので、まずはパターンとして覚えてもらえればそれで良いんです。
血統に詳しくない方を、いかにして血統の底なし沼に放り込むかが重要ですから(笑)


ただこれを「配合論」として発表するのは、血統を勉強されている方々に対して失礼ですよね。
だから「配合パズル」っていうことにして、逃げ道を作ってるワケです(;´Д`)


まあでも、昨年度の同人誌でとりあげた成功パターンに、ミッキーアイル、アトム、トーセンスターダムはちゃんと該当してますからね。
ワリといい線いってんじゃんと自分では思ってますよ(笑)

ハープスターが該当してなかったのが痛恨ですが、これについては来年度の方でしっかり「パターン化」させましたのでお許しください(汗)


ちなみに、配合パズルについてちょっと気になった方は、Twitterアカウント「サトミ・クリガーシェラの研究ノート(@Satomi_K_bot)」をよろしくお願いします。
https://twitter.com/Satomi_K_bot

5時間に1回呟くBotアカウントで、成功パターンについて淡々と呟いています。
成功パターンはそんなに多くないので、同じことを何度も呟くボ○老人的なとこはありますけどね(笑)

新シーズンスタート

望田大先生のブログの記事中で、ディープ×ストームキャット×ウォーレリックについて書かれたエントリーのURLが貼られる度に、僕のブログのアクセス数も増加します(*´∀`*)

4月になってから何回「姉さん、事件です!」が起きたかわからないくらい驚きの連続。

先週から始まったウマニティPOGのスペシャルクラスに参加させてもらうのだって、ちょっと前の僕からしたら有り得ないことですから。
しかも他にどんな方々が参加されているのだろうと思ってメンバーを確認したら、POG本でもご活躍されている方を始め、とんでもない方々ばかり。。。
http://pog.umanity.jp/search/special/specialclass/
これこそ「姉さん、事件です!」じゃないですか(笑)

まるで夢でも見ているかの様な体験は今でも続いています(*´∀`*)


血統を勉強し始めてもうすぐ3年ですが、知識が増えるにつれて当然色んなことが見えてくるわけで、これはもう言葉では言い表わせないくらい楽しいんですよね。
でも所詮は素人の付け刃ですから、絶対に「俺スゲー」って過信してしまうことのないように気をつけよう!…とずっと思い続けていました。

ただ、実際この2ヶ月の“プチブレイク(笑)”を体験してみたところ、「俺スゲー」なんて思う余裕はないです。
栗山、望田大先生のブログ読者の方々は、僕よりもよっぽど知識があって、僕以上に血統が好きなんですよね。
両先生方によって鍛えられた歴戦の猛者達が僕のブログを見ていると思うとね・・・なんかスゲー萎縮してしまいます(^_^;)

悟空とベジータが、やっとこさメタルクウラを倒したってのに、崖の上から大量のメタルクウラがこっち見てた時のような、あんな感じですよ(笑)


ま~競馬はどっちが凄いとか、知識があるとか、そんなんじゃないんですけども(^o^;)


ということで、新シーズンも色々と失敗を繰り返しながら成長していけるよう頑張ります。
血統オタクの奮闘記をこれからもよろしくお願いしますね!
m(_ _)m



とりあえずお詫びなんですけど、POG新シーズンが始まる前に色んな種牡馬の考察をまとめようと頑張ってきましたが、残念ながら全部まとめきれませんでした(^_^;)

僕が書けそうな種牡馬で残っているのは、今書いているダイワメジャーの他にはマンハッタンカフェくらいですかね。
ジャングルポケットとファルブラヴあたりはわかっている範囲で記事は書くつもりです。

ただこれからはデビューする新馬のことや、身内POGの近況なども書いていくつもりなので、4~5月のように、ひたすら種牡馬考察をするのはさすがに厳しいです。
なので、これからは余裕がある時を見計らって、ノンビリと考察していこうと思っています。


今週デビューの有力馬のことを考えたら、先にマンカフェの考察記事をまとめておくべきだったな~(^_^;)

もう書く予定の新馬はある程度固まってるんですけど、今あんまり書いてしまうと、木曜日にやるドラフトに多大な影響が出てしまうのが問題です(^_^;)
ただでさえ、同人誌&ブログで成功パターンとして取り上げた馬からしか指名しないってのが、仲間内でバレてるんですからね(笑)

ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ POGへ
FC2カウンター
『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ
くりがしら
最新記事
カテゴリ
最新コメント
今年の指名馬
<メジャーグループ>
 1.ベルクワイア
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.

<マイナーグループ>
 1.
 2.
 3.
 4.
 5.
 6.
 7.
 8.
 9.
10.
リンク