サトノジェネシス(マルペンサの2016)

サトノジェネシス

父 ディープインパクト
母 マルペンサ
母父 オーペン



現2歳馬の考察、3頭目もヘイローのクロスを持つ馬です。
ミセススノーの2016→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1757.html
シェルシーカーの2016→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1758.html


これまでの2頭はマンカフェ産駒という、ワリと攻め気味の考察をしてきた僕。
ディープ産駒になった途端、GⅠ馬の全弟で守りに入るのでありました(笑)

母方のサザンヘイローを通じてヘイローをクロスしたディープ産駒と言えば、16年のダービーでワンツーしたマカヒキとサトノダイヤモンド。
現2歳世代にはどっちにも全弟がいるんですね。
とりあえず今回はサトノダイヤモンドの全弟であるサトノジェネシスを取り上げます。


全兄サトノダイヤモンドについては、2歳~3歳時に僕自身はあまり褒めることが出来ず、結果何度も土下座をすることになった“思い出深い”1頭です。
でもこの馬のおかげで、ダンジグ+アリダーという好相性のパターンを見つけることができたので、今となってはとても勉強になりました。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1523.html


それともう一つ、サトノダイヤモンドがダンジグ+アリダーによる芯が通った良い配合なのは認めるとして……。
しかしスタミナには不安があるんじゃないかと、当時は思ってました。
でもダービーで2着になった後も、菊花賞や有馬記念を勝つなど、長い距離でもしっかりと結果を出したわけで、これついても僕の見当違いでした。



母方にタタンの血を持つディープインパクト産駒を調べてみると、牡馬に限れば11頭全てがPOG期間に勝ち上がり。
サトノダイヤモンドの他に、ボレアス&マウントシャスタ&カミノタサハラ&ベルキャニオン兄弟、きさらぎ賞2着のレプランシュ、京都金杯2着のオースミナインなどが出ています。

該当馬の半分がクロウキャニオンの子ではありますが(笑)、それにしてもすごい当たりようですね。

そんなわけで、本馬も間違いなく戦力になってくれるはず。
みなさんドラフト上位で争奪戦をしましょう。





シェルシーカーの2016

シェルシーカーの2016

父 マンハッタンカフェ
母 シェルシーカー
母父 マキャベリアン



半兄にシンザン記念2着のヘミングウェイがいます。

昨日ブログに取り上げたミセススノー2016と同じく、ヘイローのクロスを持つマンハッタンカフェ産駒シリーズ。
ミセススノーの2016→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1757.html


本馬はマキャベリアンを経由してヘイローをクロスしています。

母方にマキャベリアンの血を持つマンカフェ産駒の牡馬は、8頭中5頭が勝ち上がり(POG期間は4頭)。
クラシック級は出ていないものの、中京2歳S勝ちのメイショウドンタク、京都2歳S2着リスペクトアース、いちょうS2着エイシンイチモンジなど、地味にOPクラスで好走する馬を出しています。


本馬はホイストザフラッグ5×5の他、アレッジド≒キートゥザミント4×4など、パワーを大きく強化した配合。
加えてダンジグのパワースピードも後押しすることから、重戦車のように突進する中距離馬になりそうです。

ヘイローの素軽い機動力で上手く重々しさを中和できていれば、若葉Sあたりで皐月賞の権利を取ってくれるかもしれません(^^)





ミセススノーの2016

今期は身内POGが例年以上にサッパリ……。
すでにテンションゲージは空っぽです(´・ω・`)

なので気分を一新して、来期デビューの産駒を探す作業を始めることにしました。



ミセススノーの2016

父 マンハッタンカフェ
母 ミセススノー
母父 シングスピール


初っ端にマンカフェ……?って思いますよね。
最近はディープ産駒を指名しても上手くいかないことが多いので、マイナーぎみの種牡馬を考えてる方が楽しいです(自虐)


本馬はグローリアスソングを通じるヘイローのクロスを持つマンハッタンカフェ産駒。
このパターンは、牡馬に限ると11頭中7頭が勝ち上がり(POG期間は5頭)。
京都新聞杯を勝ったメイショウクオリアや、札幌2歳S勝ちのサンディエゴシチーが出ています。

メイショウクオリアやサンディエゴシチーといっても、もうだいぶ古い馬ですね。
馬場や育成が変遷した今もこのニックスは通用するのかな~という思いがあったのですが、(POG期間ではないものの)日経賞を勝ったシャケトラが出ていますし、おそらく問題ないでしょう。


マンカフェ×グローリアスソングのパターンでも、シングスピールを経由するパターンは、デビューしたのがシャケトラ1頭のみというレアな組み合わせです。

本馬の母ミセススノーは、グローリアスソング=デヴィルズバッグ2×3という強烈なクロスを持っています。
マンカフェ自体はそんなにグイグイ主張してくる種牡馬ではないので、母方はこれくらい個性的で良いんじゃないですかね~。





インスタグラム、はじめました

以前からアカウントだけは作っていたものの、フォロー、フォロワー、投稿、全てゼロのまま放置していたインスタグラム。
だって一日中家に引きこもって血統表見てる僕は、インスタ映えとは無縁なんですもの(笑)

でもせっかくなので何かに活用してみようかな~と思い、マイペースではありますが、本格的にインスタを始めてみることにしました。


ということで皆さま、良かったらフォローしてください!
https://www.instagram.com/kurigasila/?hl=ja


ハッシュタグとか生まれて初めて使ったので、超ドキドキしながら3つほど投稿してみました。

  


イラストが主になりそうなので、インスタの良さを活かせてない気もしますが、まあいっか。

ヘニーヒューズを考えていたら、ヴィクトワールピサに辿り着く


このツイートをしたあとに2勝目を挙げたマニクールとプロミストリープも、ミスプロ+ボールドルーラーのクロス持っています。

今回は、なぜミスタープロスペクターが効果的なのかについて、僕なりに考えをまとめてみました。



ヘニーヒューズにミスタープロスペクターを合わせると、ヘニーヒューズの母父メドウレイクとミスタープロスペクターの間に、以下のような脈絡が発生します。


1,レイズアネイティヴのクロス

2,ブルーグレイル≒ノーサードチャンス≒ミスドッグウッドのニアリークロス

3,ノットアフレイドとゴールドディガーにおける、「カウントフリートを経由するザテトラークのクロス持ち」同士の共鳴



  ┌牡
 ┌牡└ノットアフレイド(ザトラーク血脈)
┌牡
│└牝
│ └ブルーグレイル(≒ノーサードチャンス≒ミスドッグウッド)

メドウレイク

│┌レイズアネイティヴ
└牝
 └牝
  └ノーサードチャンス(ブルーグレイル≒ミスドッグウッド)


┌レイズアネイティヴ

ミスタープロスペクター

└ゴールドディガー(ザテトラーク血脈)
 └牝
  └ミスドッグウッド(≒ブルーグレイル≒ノーサードチャンス)


ニアリークロスとまではいかないものの、両者はそれなりに様々な要素が脈絡する間柄になっています。
このうちレイズアネイティヴと、ブルーグレイル≒ノーサードチャンス≒ミスドッグウッドは、単純なクロス(ニアリークロス)なので説明は省略しますが、ノットアフレイドとゴールドディガー間の脈絡についてはややこしいことなので、もう少し詳しく解説しますね。



メドウレイクが持つノットアフレイドという血は、ザテトラーク5×4というクロスを持っています。
このザテトラークはスピードに優れた血なので、現代の競馬においても重要な存在です。

このノットアフレイドと同じ構成をしているのが、ミスタープロスペクターの母であるゴールドディガー。
この血もザテトラーク5×6を持っているのです。

つまりノットアフレイドにゴールドディガーを合わせると、両者のスピード源が強烈に刺激されるんですね。
しかも、どっちも父のカウントフリートを経由してザテトラークをクロスする、という点まで共通します。


ヘニーヒューズ×ミスタープロスペクターが成功するのは、前述の通りメドウレイク×ミスタープロスペクターにおける、、レイズアネイティヴのクロスやブルーグレイル≒ノーサードチャンス≒ミスドッグウッドなど、様々な脈絡が根拠です。
しかしスピードを支えるという意味では、特にノットアフレイドとゴールドディガー間でのザテトラークの刺激が、非常に重要なポイントになっているのだろうと思う今日この頃です。



さてヘニーヒューズの考察についてはこれで終了ですが、ここまで書いていて、1頭、同じ理屈で成功している種牡馬に気づきました。
ミスタープロスペクター(ゴールドディガー)を持つヴィクトワールピサです。
実はヴィクトワールピサは、母方にノットアフレイドを持つ産駒がよく活躍しています。

コウソクストレート(ファルコンS勝ち)
ミッシングリンク(TCK女王盃勝ち)
アウトライアーズ(スプリングS2着)
パールコード(秋華賞2着)
アジュールローズ(プリンシパルS勝ち)

このように、様々な活躍馬をノットアフレイドが支えています。
これもおそらくゴールドディガー×ノットアフレイドによる恩恵でしょう。


ちなみにノットアフレイドは、プリンスジョンのお母さんとして有名。
主にリヴァーマン、コジーン、フレンチデピュティなどが持っていますので覚えておきましょう。


ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

カテゴリ

最新コメント

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.アプルーヴァル
 8.ヴェルテアシャフト
 9.ミッキーワイルド
10.オールフォーラヴ

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.タガノエルフ
 9.デンセツノマジョ
10.

リンク