ハーツクライの牡馬の配合と、牝馬の配合

ハーツクライはトニービン×リファールによる、「柔らかさ」と「重厚さ」を持った種牡馬です。

ただこれらをPOG的な視点から言い換える、柔らかさは「緩さ」でもあり、重厚さは「重苦しさ」でもあるんですよね。
この「柔らかさ≒緩さ」、そして「重厚さ≒重苦しさ」と、どのようにして付き合っていくかが大切です。



牡馬の場合は、柔らさが緩さとして出ないよう、ガシッと引き締めた方が成功しやすいです。
例えば筋肉質のパワースピードを伝える『ダンジグ』との組み合わせで、ワンアンドオンリー、ベルラップ、ロジクライ、グレイルを出しています。

またハーツクライの斬れを活かすにしても、重厚になりすぎないように気をつけた方がいいでしょう。
「ボールドルーラー×プリンスキロ」血脈のように、切れ味の中に素軽さを兼備したアメリカ的なスピードがオススメ。

ウインバリアシオン・・・『リゾルバー』
ベルラップ・・・『シアトルスルー』、『セクレタリアト』
アドマイヤエイカン・・・『フレンチデピュティ(の母ミッテラン)』
スワーヴリチャード・・・『シアトルスルー』
タイムフライヤー・・・『ボールドラッド』
グレイル・・・『プッシュアボタン』、『チーフテン』。

POG期間に活躍した多くの馬を「ボールドルーラー×プリンスキロ」血脈が支えています。



一方の牝馬はいうと、そもそも性別的に、牡馬よりも柔らかさが切れ味として表現されやすいですし、重苦しくもなりづらいです。
なのであえてガチッと引き締めなくても良いし、あえて素軽さを加える必要はないように感じます。
そのぶんハーツクライの柔らかさや重厚感をそのまま伸ばす方が、ヨーロッパの貴婦人のような気品を伴った、より女子力の高い存在へと成長していくのではないでしょうか。

具体的な血を挙げるなら、ヌーヴォレコルトとコレクターアイテムが持つ『リヴァーマン』の斬れ味。
あとはリスグラシューとアドマイヤミヤビが持っている『リファール』のクロスによる持続力。

これらのヨーロッパ血統が狙い所なんじゃないかと思ってます。


ヌーヴォレコルトやアドマイヤミヤビは、ダンジグや「ボールドルーラー×プリンスキロ」血脈も持っていることから、牡馬的な補強(パワーや素軽さ)がマイナスになるわけではなさそうです。
ただ2頭にとってはそこが配合の核ではなく、牡馬と牝馬の配合を同じものとして見ない方が良いのではないかと思ってるわけです(まあこれはどの種牡馬にも言えることではありますが)。


そんなわけで・・・

ハーツクライ産駒でPOG向きの馬を狙う場合、牡馬はアメリカ的な素軽さとパワー。
牝馬はヨーロッパ的な斬れと持続力。

これをポイントに、今後はハーツクライ産駒の血統表を眺めてみようと思っている今日この頃です。




ディープとブラックタイドの違いを考える

ドナテッロをクロスしたディープインパクト産駒は、多くの活躍馬を出しているPOGの成功パターンです。
日本ダービーの優勝馬である、マカヒキ、キズナ、ディープブリランテはみなこのクロスを持っており、特に牡馬にとっては重要な仕掛けと言えます。


ではディープの全兄ブラックタイドの場合はどうなのかというと、ドナテッロをクロスした産駒に目立った活躍馬はいません。
POG期間に結果を残しているのは、ホープフルS2着のコメートくらいです。

ただし、ブラックタイドがPOG期間に送り出した牡馬の重賞勝ち馬4頭を見ると、キタサンブラック以外の3頭(マイネルフロスト、タガノエスプレッソ、テイエムイナズマ)が、「ドナテッロ≒ブードワール」のニアリークロスを持っているんですよね。
ちなみに牝馬の重賞馬ライジングリーズンも持ってます。

ブードワールと言ってもピンと来る方は少ないかもしれませんね。
グロースターク&ヒズマジェスティ兄弟の3代母、ユアホスト&ユアホステス兄妹の母として、血統表で良く見かけます。


このことから、増幅するやり方は違えど、ブラックタイドもドナテッロの増幅がちゃんと成功パターンになっていることがわかります。

ブログ用成績データ



何故、ディープの場合はドナテッロの直接クロスが良くて、ブラックタイドはブードワールとのニアリークロスが良いのでしょうか?


ドナテッロと、ブードワール一族(グロースターク&ヒズマジェスティ兄弟や、ユアホスト&ユアホステス兄妹)はどちらもスタミナに優れた血です。
しかし両者が伝えるスタミナは、厳密に言うとちょっと違います。

ドナテッロは長距離を走るような心肺機能を向上させるタイプ。
生粋のスタミナという感じです。

一方ブードワール一族は、距離を伸ばす効果というよりは、苦しい場面でへこたれない持久力を支えます。
スタミナというよりは“底力”という言い方が適しているかもしれません。


ディープインパクト産駒の牡馬はアルザオの素軽さが強く出ているぶん、スタミナには少し頼りないところがあります。
そこでドナテッロをクロスすることで、純粋なスタミナを増幅することが大きな効果を生み出します。

ブラックタイドはバークレアの重厚なスタミナを強力に受け継いだタイプ。
なので更にドナテッロのスタミナを伸ばしてしまうと、かえって鈍重に出過ぎてしまうのかもしれません。
そこでブードワールを使ってドナテッロを刺激することで、重苦しくさせすぎず、上手く底力だけを引き出す方法が良いのでしょう。


ちなみにディープインパクト産駒の牡馬で、ドナテッロ≒ブードワールを持つ馬のうち、POG期間のGⅠ優勝馬は5頭います。
皐月賞を勝ったディーマジェスティとアルアイン、NHKマイルCを勝ったミッキーアイル、そして朝日杯FSを勝ったサトノアレスとダノンプレミアムです。
ダービー馬3頭はブードワールの血を持ちません。

やはりこのニアリークロスは、長距離よりはマイル~中距離あたりで効果を発揮しやすい仕掛けなのでしょう。

そうなると、昨年の最優秀2歳馬を獲得したダノンプレミアムはマイル~中距離向き、つまり皐月賞>ダービー向きのタイプと考える事もできるのですが…。
この馬はドナテッロの直接クロスも持っているので、同時にダービーを勝つ資格も有しているのがややこしいところです(笑)



固有の馬についての考察はさておき、とりあえずディープ産駒でダービーを狙うならドナテッロの直接クロス。
ディープ産駒でも朝日杯FS、ホープフルS、皐月賞、NHKマイルC狙いならドナテッロ≒ブードワール。
ブラックタイド産駒の大物狙いでもドナテッロ≒ブードワール。

こんな感じで覚えておきましょう。





明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます!

昨年はサラブレで連載していた『QN ~厩舎ニックスリサーチ姉弟~』が完結し、心機一転ブログ活動から再スタートを!……と目論んだものの、結局あまり活動できず……。

今年は気張らずマイペースに頑張ろうと思います(>_<)


せっかくのお正月なので、Twitterの方で質問箱を設置してみました。


競馬のことでも、競馬じゃないことでも、何でもOKです(^^)



馬

朝日杯FS プチ血統予想

朝日杯FSが阪神外回りに変わってからの3年間は、切れ味に優れた産駒が後方からズバッと差し切って勝利しています。

14年はディープインパクト産駒のダノンプラチナ。
15年はハビタットらしく切れるリオンディーズ。
そして16年は再びディープ産駒のサトノアレス。

これらの3頭は、いずれも切れ味の源泉が「サーゲイロード」という共通点があります。


ということで、今年もサーゲイロードの切れ味をテーマに予想してみます。



◎ タワーオブロンドン
◯ ダノンスマッシュ


▲ ステルヴィオ
△ ダノンプレミアム
△ ケイアイノーテック 
△ ヒシコスマー

(※△は枠順)


サーゲイロード的な馬と言えば、まず筆頭に挙がるのがダノンプレミアム。
サーアイヴァーとハビタットを通じるサーゲイロード6×6のクロスを持ち、柔らかな走りをしています。

ただ過去3年の優勝馬であるダノンプレミアムとリオンディーズは上がり最速。
サトノアレスも0.1秒差で上がり2位であったように、サーゲイロードを切れ味として活かしていました。
しかしダノンプレミアムの新馬戦は上がり2位、サウジアラビアRCの上がりは3位以下でした。
柔らかさはともかく、あまり“切れる”という感じではありません。

詳しくは→http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1750.html


ということで本命はタワーオブロンドン。
こちらも父方のサーアイヴァーを通じてサーゲイロードの血を持つ馬。
更にそれをサーアイヴァー≒ホープスプリングスエターナルによって増幅しています。
ピリッとした強靭な推進力も兼備しているため、ダノンプレミアムよりは早い上がりが使えるのではないかと思います。


個人的には、身内POGで指名しているカシアスとヒシコスマーを応援しています。
ただカシアスの場合、同じキンシャサ産駒で去年の朝日杯2着のモンドキャンノと比べても、より頑丈なパワースピードに寄ったタイプ。
マイルだとどうなんでしょう。

ヒシコスマーは馬群を嫌うところがあるので、もっと外枠が良かったような気もします。
一旦下げてから外を回すような競馬になるんですかね。
一発あるならこっちかな。

朝日杯FSの予想オッズ上位の馬を考える

体調を崩して全然ヤル気が出ません。
目がチカチカして、PC見るのがシンドイです(+_+)

でも今週はPOGの大一番ですから、更新なしってのも寂しいですよね。
なので朝日杯FSの予想オッズ上位3頭の馬について考えてみることにします。



・ダノンプレミアム

デビュー前に記事を書きましたので、そちらも参照してください。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1724.html

上の記事の中では、母のインディアナギャルが持つ、ダンジグ4×3、バックパサー5×5のクロスが、強靭なパワーとしてプラスに作用するのか、切れ味を削ぐ重たさとしてマイナスに作用するのか、判断が難しいということを書きました。

これまでの走りや実績を見る限り、これはプラスに働いていると考えて間違いなさそうです。

また同記事では触れませんでしたが、本馬が持つサーアイヴァーとハビタットを通じるサーゲイロード6×6のクロスにも注目。
切れ味としてプラスに作用するのか、非力としてマイナスに作用するのか、吉凶どちらに転ぶかわからない仕掛けだと見ていました。
しかしこれについても問題なさそうですね。


ただし、パワーについてはピリッとしたものではなく、ゴツゴツとした無骨なものが中心。
またサーゲイロードのクロスも、非力ではないにせよ、緩さとしては出ているように感じます。
切れ味勝負という点では、ディープ産駒の中ではそこまで秀でたタイプではないかもしれません。


※オマケ




・タワーオブロンドン

ロードアットウォーやサドラーズウェルズから、硬質な機動力をしっかりと補う構成。
ピリッとしたパワースピードによる加速性、俊敏性に優れているため操縦性が高く、どんな展開になっても崩れず頑張ってくれます。




ですが機動力一辺倒というわけではなく、サーアイヴァー≒ホープスプリングスエターナル5×5をはじめ、多くの「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×プリンスキロ」血脈を抱えているため、柔らかさにも富んでいるのが強みです。


機動性と持続性を兼備した、弱点の少ないオールラウンダーという印象。

個人的には、筋肉量を豊富にさせたサトノクラウンというふうに見ているのですが、それはもうサトノクラウンではないような気も…(笑)



・ステルヴィオ

この馬については、デビュー前にブログで記事を書いています。
http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1717.html

実際にレースを見たかぎり、柔らかく持続的な斬れ味を武器にしたタイプのように見えます。
上の記事のとおり、「ナスルーラ(ロイヤルチャージャー)×ハイペリオン」をベースにしたマイラーなのでしょう。

そんなわけで、これ以上特に書くこともないです(^_^;)
今回考察した3頭の中で、斬れ味の持続力という点では一番かなとは思ってます。


※オマケ


ブログランキング

にほんブログ村 競馬ブログ POGへにほんブログ村 競馬ブログ 血統理論へ

FC2カウンター

『配合パズルでアタリはわかる』シリーズ

くりがしら

最新記事

カテゴリ

最新コメント

今年の指名馬

<メジャーグループ>
 1.レピアーウィット
 2.サナコ
 3.アドマイヤアルバ
 4.レイエンダ
 5.ラポートトーク
 6.アドマイヤキング
 7.アプルーヴァル
 8.ヴェルテアシャフト
 9.ミッキーワイルド
10.オールフォーラヴ

<マイナーグループ>
 1.カシアス
 2.ゴライアス
 3.バブリーバローズ
 4.ハットワンスター
 5.ネプチュナイト
 6.コンキスタドール
 7.ヒシコスマー
 8.タガノエルフ
 9.デンセツノマジョ
10.

リンク